スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

モクマオウ(木麻黄)とリスたち


この並木、私は“シベリア”って心の中で呼んでました。

もくまきおう

まるで吹雪の中で霞んでいるようで。



ピンボケみたいですが、そういう訳じゃないんですよ。
松みたいですが…

モクマキオウ2

松ではなくて、モクマオウ(木麻黄)という木の一種のようです。

防風林として植えられたりするようで
日本の南の地方にもあるそうです。
ただし、日本のはこのモクマオウとはまた種類が違うようです。
いつ見ても、目が霞んだ?と思ってしまいます。

木々を見上げていると
必ずといっていいほど、その視線にはいってくるのがこのひとたち。


「呼んだ~?」

リス ロットファイ9

リス ロットファイ7


上の写真はロットファイ公園ですが
モクマオウは近隣のチャトチャック公園、クイーンシリキット公園にも。


こちらはチャトチャック公園のモクマオウ。

モクマオウ チャト

どうしたらこのようなマット(?)な色彩が作られるのでしょう。


そのチャトチャック公園、少し奥に進んだ所に
インドシタンの木が10本以上固まっている場所があります。
その木陰を風が通ります そこで涼んでいるとリスがチョロチョロっ。
目で追うと、もう10匹どころではない。

これはきっと子リスさん♪

子リス


そこにある男性がやってきました。何か口で音を出してる。
何してるのかな~?
わかりましたよ、リスの鳴き声をまねてました!
そしておもむろに餌を与える(離れて見ていたので何だったかわかりません)。
リスは慣れた様子で餌をもらって木の上へ。

「何持って来てくれたの~?」

リス チャト1

このポーズはそういうことだったのね。




これはほんとにありふれた鳥。だけど名前を知りません。
(前にどなたか教えてくださった気もするのだけど)
この時はどうしたことか…鳥が眠かったのか 逃げていきません(!)

チャト 鳥3

チャト 鳥2



運河のそばに誰が置いたのかスターフルーツが。

スターフルーツ2個


そのご近所にその木があったのを思い出し、撮らせてもらう。

スターフルーツ花

これからどんどん実がなってくるところ。

2012/07/23(月) | タイの花や木 | トラックバック(0) | コメント(12)

リュウゼツランとGacとネンガ プミラ パキスタキア


ネットをしていて、
クリックしたつもりはないのに
フッとしたはずみにクリックされてしまう事、ありませんか。
私はたまにありまして アレレ?困るなぁ と、いつもはすぐに画面を消すのですが
先日 Jiji.com の“珍しい花” が立ちあがったんです♪
これはおもしろそうとそのまま見ていたところ

中に“青のリュウゼツラン”があり、
ずっと前に見かけたものの名前がわからなかった植物とそっくり!
青の~ かはわかりませんが、リュウゼツランの仲間と思われました。
1月の初めに撮ったものです。

りゅう2

りゅう3

りゅう1

りゅう4

ね、どうでしょうか。

誤クリックも、時に嬉しいサービスしてくれるというお話でした。




こちらの赤いトゲトゲウリ
前回見た時とは別の店もマーケットに出店。
すっと試飲ジュースが差し出されたので即飲んでみました。
ファク カーオ Gac Fruit というんですね。

Gac1.jpg

Gac2.jpg

この味! 覚えのある味 でも、何だったっけ。
パッションフルーツだったかなぁ…自信がありません。
果物にありがちな味というか、なじめるおいしい味です♪


Gac3.jpg

Gac Fruit を調べてみると
やはり最近になって効能というか、効果といったものが脚光をあびてきたみたい。
ジュースは栄養価が高く(ビタミンA)またダイエットにも。

店頭の写真を見ると、鈴なりになっているようですね。
その日は荷物で手が塞がっていたのでジュースは買えず。次に見たら買ってみる♪



この実の写真、覚えている方がおられるかしら。
今は実があるかな~?と行っていたら ありましたありました。

ネンガ3


これは若い実だと思うのだけれど(もし違うヤシだったらごめんなさい)

年が

ネンガ2

あたりには数本、このヤシがあって
何度も名札を探したら、見えにくい所にやっと見つけました。
その名は ネンガ プミラ パキスタキア
タイからマレーシアにかけてある ということくらいしかわかりませんが
この実がとってもキュートです♪

2012/07/18(水) | タイのフルーツや実 | トラックバック(0) | コメント(14)

葉陰から上を見上げてみると


プルック(婦人の舌の木)のサヤがまだ木に残っていないだろうか。
ぜひ見てみたい 
そう思って出かけた日のことです。
雨あがりの木々をいろいろ葉陰から見上げてみました。



先日のサンドボックスツリー。枝の曲がり具合がどこか怖い雰囲気。

サンド



ツタがからまり、雨あがりは葉の濃淡がひときわ美しく、大好きな場所。

葉影から1

葉影から2

このツタが、最大のマメといわれるモダマなぞであれば嬉しいのだが…。



トロピカルアーモンド
アンブレラツリーとも言われるこの木、まさに傘になります♪
少々の雨にはへっちゃら。
見上げると、水の中にいるような気分もしてきます。

葉影から3



パラゴムの木が数本。パラゴムの実が木にある所を見たい。
何度もそのあたりをうろうろ。
あきらめかけたその時、ようやく発見しました!

パラゴム 枝に

おいしそう♪ 
下に落ちた茶色の実しか見たことがなかったのでこれは新鮮です。



すっかり嬉しくなって足取りが一層軽くなってきました。



サムローン(バクダイ)がまたたっぷり実をつけていた。
一年に何回実をつけるのだろう。

サムローン 見上げて



そこにカラスの一団登場。カアーーー カアーーーって怖いよ。

カラスとサムローン



雨あがりで濡れていた木々もすっかり乾き、暑く暑くなってきました。



フォックステールパーム
葉の様子がキツネのしっぽのようだから♪

フォックス1


幹は神殿の柱のよう。ツルッツル。

フォックス2


実はだんだんオレンジ色に、そして赤くなっていきます。
一個がだいたい5センチくらい。

フォックス3



ところで、この時期日本の方が花が咲きほこっているような気がしますね。



こちらはサルスベリに似ていて、
でもサルスベリタイプのがいくつかあって、名前は確信もてません…。
まだ少しだけ咲いていました。

ピンクの



目的であったプルック(婦人の舌の木)は
何か所かをよくよく見てみたけれど、もうサヤはぶらさがっていませんでした。
どう考えてももう時期が遅かったみたいです。
これは次回に期待。

2012/07/15(日) | タイの花や木 | トラックバック(0) | コメント(13)

パンノキとジャックフルーツ


大きいですよ~

サーケー1

この実はまだ成長しきっていませんが これで私の頭くらいあります。


葉も大きいこの木は

サーケー2

タイ語でサーケー、和名はパンノキです。
クワ科、パンノキ属。
一本の木から年に300個近い実がなり
蒸したり焼いたりして食べるそうです。


残念ながらこちらでは
自宅にこの木がある人とか、ご近所さん、知り合いなどが
家で食べられているくらいで市場に出回らない。
と言う訳で、私はまだ食べたことがない ぜひ味を見てみたいです。
焼くとパンのようで味はサツマイモみたいと聞きます…。



庭に植えられることも多く、背もとても高くなるんですよ。
この木は電線をはるかに超えてそびえています。

サーケー4


これが花かなあ…。

サーケー 花か

サーケー3

天狗の団扇…。




このパンノキととってもよく似ているのが、カヌンこと
ジャックフルーツ

かぬんの実

かぬんいっぱい

実はそっくり、でも葉が違うんですよね。
パンノキと同じ クワ科のパンノキ属。実の重さは7キロ近くにも。
これも庭に植えられることが多いです。
地面すれすれにも実がなるのが摩訶不思議。


かぬん中身

こちらの実は熟すと中に小さなこういう塊がいっぱい。
これはあちこちで売られます。今はほぼ時期が終わりましたが。
以前は20バーツ(約50円)で5個くらいでしたが
今は全て値上がりしてきているので、3個くらい。
甘いですがくせのある香り。
私は今でこそ大好きだけれど、最初はこの匂いがだめだったけど
初めてタイに来て初めて食べた息子たちは
「うまい! これはいける」でした。

このジャックフルーツの実は、“世界最大の果実”だそうです♪

2012/07/12(木) | タイのフルーツや実 | トラックバック(0) | コメント(18)

婦人の舌の木 他

このサヤ、やっと何の木の実かわかりました

プルック種1

落ちているサヤはあちこちで見かけるものの
見上げてもそれがぶら下がっている姿は見えずで
何年も正体(?)がわかりませんでした。

上の写真のは20センチ近く
と結構大きいのに とにかくとにかく薄くて軽~い
ひと吹きで飛んでいくの~。

プルック莢 カラ

落ちているサヤにはたいがい種がもうない。
種のくぼみは大きいね。

見つけました~種入りです。

プルック種2

大きなくぼみにこんな小さな軽い種!?



これが

プルック花

このプルックの実だということがわかりました。
プルックの花も、木に咲いている場面はちょこっとしか見たことないです。
花の色、少し緑がかってます
高い所に咲くので、きっと葉にまぎれて目にとまらなかったんだろうな…。
こちらが葉の様子。

プルック葉

いろんなマメサヤが落ちていますが、中でもこの軽さが印象的でした。

で、プルックの英語の言い方ですが、
たくさんある中でこれこれ! とピンときたのが
Woman’s Tongue Tree 婦人の舌の木 です♪

サヤが風に揺れ、
中の種がシャラシャラ立てる音をそのように表現したんですって。
(女性のおしゃべりってとこでしょうか)

このサヤと種を見ると、さもありなんです




こちらは先日載せたホワイトパウダーパフ、これは真っ白。

ホワイトパウダーパフ 青空


その付近にあったこれ、レッドパウダーパフだと思うのだけれど。

レッドパウダーパフ?

合歓の花のようなタイプ、たくさんあるものですね。




最後にシナモンです♪

シナモン2

シナモンスティックは市場に手頃な価格で売ってまして
時々買ってシナモンティーで楽しんだりしてました。
だからタイにあるんだろうなとは思っていたんですが、こんな木でした。

2012/07/08(日) | タイの花や木 | トラックバック(0) | コメント(10)

«  |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。