スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

セーンジャンの木 他


アパートの人が セーンジャン だよと教えてくれた木です。
セーンジャン=月光(moon light)

セーンジャン

ロマンチックな名…
葉の色が、いつまでも若葉のように黄緑色で柔らかく(おいしそう!)
もしかしたら
月夜でもこの葉が明るく見えるから 月光の名が?


これまで、花や実といった物は見たことがありません。
ご近所や公園でも見かける木ですが、
なかなか検索してもヒットしません…。

セーンジャンと言う名のディスコ(パブ?)が何店舗がありまして
以前はライブを聞きに出かけたものです。
検索するとね、その店についての物は出るんですけどね、
木の方はないんですよね。




タイ語でガーロンあるいはカーロン。 White Orchid treeなど
私はこれまでガーロンと書いてきましたが
カーロンと書かれている方が多い(!)
発音をしかと確かめてきますね。次からはカーロンになるかも。

ガーロン

花は手の平サイズ。花びらが薄くて、とても繊細な感じがするんですよ。


黄色も。

ガーロン 黄色

ガーロン 黄色2

黄色は見かける時は下を向いて咲いていることが多いです。
そして、白のようにパッと開いた姿は見かけたことがありません。



もうギンヨウノウゼンは咲き終わったとばかり思っていたのですが
あちこちでほんの少しですが花を見かけました(枯れかけて)。
落ちている種にワクワク。

その実がぶらさがってます。

ギンヨウノウゼン種1

そしてこうなって

ギンヨウノウゼン種2

羽を持った種がひらひらと落ちてきます♪



パラゴムの実を見る時期になりました。
三色パン型の実。
中にまるでうずらの卵のような種が。
軽くて水に浮かんで流れていって、そこで芽を出すそうですよ。

パララバー

2012/07/06(金) | タイの花や木 | トラックバック(0) | コメント(12)

トケイソウ アカシア 他


公園はただいま剪定中

枝が切り落とされたりしているのだけれど
サムローン(バクダイ)の実が山のように積まれていたり

ばくだい


ポンポンの実が集められていたりでちょっと楽しい光景あり♪

ポンポン


ヤシ系もね、カッコ良い。

ヤシ1

ヤシ2



トケイソウ

前回のパッションフルーツですが、
トケイソウの一種であるとコメントいただきました。
そういえばそんな話を聞いたことがあったなぁ…
と、公園のトケイソウを見に行くと 咲いていてくれました。
ただ、これはパッションフルーツの種ではないようです。

とけいそう

ほんとに時計だ♪ と思ってしまう。

とけいそう2

日本人は時計に見立てるけれど
キリスト教徒は十字架と見るそうです(ディックさんより)。
文化背景が違うと同じ花でも見方が違ってくるんだね。



アカシア

これはホワイトパウダーパフ で、アカシアではないんですが

ホワイトパウダーパフ


よく似たこちらは アカシア シアメンティス

アカシアシアメンティス

アカシア種

これがその実ですね。


そしてこちらは アカシア カテキュー(catechu tree)。

アカシアcatechu

カテキンという言葉、お聞きになったことがあると思うのですが

カテキンの語源は、
1821年にルンゲがインド産のマメ科アカシア属の低木である
カテキュー(ガンビールとも呼ばれる)から分離した結晶状の物質に由来する。
この物質はその後、エーゼルベックによって「カテキュー」から供出したものということで
「カテキン」と名づけられた。※Wikiより

なんですって。この木がそうなのね! 


そしてもう一つ、こちらは アカシア マンギウム

アカシアマンギウム

アカシアマンギウム花?

以前ブログに書いた カマバアカシアに、実も葉もよく似ています。
花はほとんど終わっているか上の方に咲いているので
よくわかる写真は撮れませんでした。



落ちていた 花・実・葉 などをセットにしてみました。

セットで

上:アカシア シアメンティス
右:アカシア マンギウム
下:火炎樹

火炎樹はアカシア仲間じゃないんですけどね!
一緒にその場に落ちていたので、
大きさなど比較してみてくださいね。

2012/06/27(水) | タイの花や木 | トラックバック(0) | コメント(12)

アダンだろうか & シャレ者オオトカゲ


パイナップルのような実がなっていました。
パイナップルより大きい。

アダン?

何の実でしょう。

探してみていたら、アダン というのが似ていました。
確信はもてませんが、アダンか? という事で書いていきます。

もっと近くで見たい
でも…足元はジュブジュブ、バランスをくずせば水の中にドボンの恐れ。

おまけに 上にも下にも何かが潜んでいそう

アダン水辺


ホントにいた!

アダンの下 水オオトカゲ


一歩か二歩、そばに寄らせてね。これだけ撮って。

アデンか 赤い実

でもこちらの気配を察して水の中へ去って行っちゃった。


アダンだとしたら、アダンは種類がたくさんあるそうです。
足(木根)がタコのようになってるタコノキ科の植物。
下は別の場所の同じ植物ですが、う~んタコの足ですね。

アダンか1




上のクイーンシリキット公園でも

こちらのロットファイ公園でも大きなミズオオトカゲを見ました。

あれ?

あれ~ 頭の上
トサカのような~ 花のお帽子のような~

まさかね!


確かめたくてそーっと寄ったのだけど
アデューっと水の中へ走って行ってしまった…。

家で拡大してみました、ボケているけど。

葉っぱを乗せて

 葉っぱが三つ それも色違い  
す、素晴らしすぎます!




下は、6月に咲いていた花の一部です。


マリラー(オルレアンの少女)…ジャスミン

white 花


マカン。以前“ラカン ングン(銀の鐘)”と書いた花。
別の場所に新たに植えられた同じ木にはマカンと札がついていました。
こちらが正式名称なのかもしれません。

マカン10


伐採されていたおかげで、花と実を見ることができました。
名前のわからない木です。

伐採されて

2012/06/21(木) | タイの花や木 | トラックバック(0) | コメント(13)

丸い実3つ イランイランノキの仲間 他

ポーサー

以前名前がわからないとしてあげた物のうち、これがわかりました。

ポーサー1

ポーサーといい、日本ではカジノキと呼ばれているそうです。

なんでも神道に関わりのある木なんだとか(!)

また、この花粉で花粉アレルギーに悩まされる人もいるそうです。

(ちなみに私は杉花粉症…タイに来て全く症状なし、杉がないのか)



グラトゥムナーム

ホタルみたい~ 冬みかんほどの大きさなんですけれど。

今、ちょうどきれいな黄色(オレンジ)の時期。すぐ茶色になっていきます。

カナリアトベラ2

カナリアトベラ1

外側のイガイガみたいのが花なんですって。

カナリア トベラ という和名があるんですね~。

英語では chieesewood とか canary cheesewood など。

人が食べられないことはないけれど、激しい味(とWIKIにあり)で

コウモリや猿が食べるとのこと。

激しい味って…。 味わってみたいような怖いような。



3つのイランイランノキの仲間たち※

そして、初めて見つけてびっくりのおだんごの実。

ガーラウェーク2

何の木だろう ジーッと見てみました。ツルになってますね~。

と、端に小さな花見っけ(この写真には写っていません)。

ガーラウェークです!

大きく育って棚しつらえになっているガーラウェークの所に行ってみました。

ガーラウェーク棚

ガーラウェーク5

ガーラウェークの花は厚みがあって肉感的。良い香り~。

おだんごの実、初めて見ました 良かった♪



一方イランイランノキの仲間の サーイユットの実は線香花火型でした。

(写真は昨年の物)

サーイユット花

サーイユット実



これによく似た花ガダンガーソンクラー

実はまだ見たことがありません…気になるなぁ。

ガダンガーソンクラー



※私がイランイランノキの仲間と呼んでいるこの3つですが

周りではこれらが混乱して呼ばれているので、仲間扱いにしました。

この3つに関しては、その学名含めた説明が

見る本やネット上でも情報が混乱しているようで、

物によっては逆の内容が書かれていたりします。

3つとも、夕刻から悩ましげ(!)な強い芳香を放つのが共通しています

ガダンガーソンクラーが一番濃厚な香りのような気がします。




クルワイムーサン

最後に、丸い実ではありませんが、ちょうど

クルワイムーサン(ウバリア グランディ フローラ)が咲いていたので載せてみました。

ウバリア~

2012/06/07(木) | タイの花や木 | トラックバック(0) | コメント(7)

マコークの実をリスと一緒に食べました 他


サボテンみたい

サボ1


でも、こんな木なんです。サボテンのイメージと違うな~。

サボ2


でも、しっかりとこの幹から生えているのを確認しました。この木は何の木?

サボ3




隣の木には、幹と同じ色したトカゲさん コンニチハ~。

幹のポチポチまでそっくり。不思議な技だね。

とかげ




そしてそのそばにレッドサンダルウッドの実が~♪

レッド1


あ、花!

これがレッドサンダルウッドの花か~ 初めて見たわ~

レッド2


レッド3

落ちていたサヤと実。この赤いツヤツヤが何とも言えません。




公園脇の道にカットフルーツ屋さんがいました。

アレ?右端のパイナップルの隣のは もしかして…

「これは何ですか?」「マコークだよ」 買いましたよ!

マコーク1 マコーク2

なんと、マコークと言えば5月21日の日記に書いたあのマコークではありませんか。

その実についに会えたのか~。

が、切ってもらっている様子を見ているうちに

これは前に食べたことがあると思いだす…。

その時は名前に頓着してなかったから…。

これだったのか~!

ちょっとリンゴっぽくて酸っぱい。

すごくおいしいという物でもないけれど、脂っこい料理の後によさそうな味です。


マコーク3 マコーク4

砂糖、塩、トウガラシなど 混ぜ合わせた物をつけて食べます。




パクパク食べていたら向こうにリスの姿が見えました。

そうだ、リスもマコークを食べるはず。

餌台(と私が呼んでいる台)や木の股にちぎって置いてみました。

数分したら やって来ましたよ~。

リス3


こっちにも。

リス1

おいしいですか~。


一緒にマコークを食べて、ちょっと仲間な気分♪



こーんな大きい実にかぶりついてるリスもいましたよ~!

大きな実とリス

木の名は今思い出せない…実は多分中が空洞っぽく、皮は固い。

これは半分に割れてるように見えるので、中身をほじっていたのかな。


2012/06/05(火) | タイの花や木 | トラックバック(0) | コメント(11)

«  |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。