スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ペーカ―(ソリザヤノキ)の花とあの野菜が結びつかない!


あれー! 蕾がグーンと上にのびている。

ペーカー1


落ちていた花ひとつ。

ペーカーの花

あ、これタイ人知人の家で見たなー(あの時も花は下に落ちていた)。

花びらが厚ぼったくて外側は紫色で、荘厳”な花だなあ。


夜に咲き朝には落ちる”花の一つということがわかりました。

暗闇の中で咲き、朝には落ちてしまう。

秘めやかな花というイメージを持たれそう。


葉(一枚でなく一つのまとまり)が落ちた後の跡が目につくんですよ。

ペーカー幹


実は名前を「ペーカ―」だと教えてもらったのだが、

意外な事もわかって驚いた。

それは、この実(サヤ)が私も食べたことのあるあの野菜だったということ。


まさかこの花からあの野菜が

思いもしなかった!


ぜひここで花と一緒に紹介したいもの。

しかし屋台主人に「いつ頃出回るかなあ」と聞いたところ

「そうだね、雨季かな…あと5、6カ月後だねー」とのこと。


私が食べたことがある野菜(実はペーカ―だった)というのは

平べったくてながーい(50cm?少々曖昧です)サヤ

を茹でて適当な長さに切ったもの。インパクト大な姿だった。

ナムプリック(スパイシーな辛味噌…味噌じゃないけど)をつけていただいた。

味は苦かったような気がする。


ペーカ―は、あらゆる部分が薬用ありとして利用研究されているそうです。

良薬は口に苦し、というところか。

今度は花を思い浮かべてもう一度食べてみよう…。


ペーカ―

学:Oroxylum Indicum  

英:Broken Bones Tree、Midnight Horror など

和:ソリザヤノキ 



英名の「壊れた骨の木」「真夜中の恐怖」ってすごい名前。

どうしてそんな名前が? 

ネット上ではこんな話(和約)を見かけました。

・壊れた骨の木

 落ちた葉が積まれた様子が骨のよう。

・真夜中の恐怖 
 
 長くて先のとがったサヤ。暗闇の中、これが頭上から落ちてきたら怖いよね。

こんな感じ。



なるほど。落ちた葉が積まれたというのとは違うけど

幹の跡が骨っぽく見せているというのならわかるなぁ。

こんな風に葉(の基…何と呼ぶんだろう)がついていて

ペーカーこんな風についている


落ちた跡が残る。

ペーカー跡


ペーカー光と影

光と影でいっそう骨風味!?


“真夜中の恐怖”については、サヤが出てきてから改めて見てみます♪


ところで、これはコウモリが受粉を助けているそうなんです。

そうだったのかー!

ペーカー蕾



コウモリ受粉で思いだしたのは猿受粉のタビビトノキ

タビビトノキ

タビビトノキの種もずいぶん綺麗な青だと聞いているけれど

まだ見る機会がありません。木は数本あるのにな。

作業員さんに聞いてみた。

公園の中の木は花がつくにはまだ小さいんだって。

残念、私が見る機会はないかもしれない。

猿がいない時はコウモリが一役買ってくれるのだろうか…。


ペーカ―の種は フワッ、ヒラヒラっ と大層魅力的らしい♪

早く見てみたい

早いこと市場で“ペーカ―のサヤ買い”をしたいもの。

スポンサーサイト

2012/01/21(土) | タイのフルーツや実 | トラックバック(0) | コメント(8)

«  |  HOME  |  »

ばんば

『』

な~~んと背高のっぽ~~
それにしても不思議な植物…
葉っぱの塊(?)が落ちた跡が妙にリアルで不気味かも~~

2012/01/22(日) 21:05:52 | URL | [ 編集]

ディック

『』

冬場には、好きな方は葉痕(ようこん、と読むのかな)ばかりをいろいろ撮って集めて、並べていらっしゃいます。植物によって表情に違いがあるのがおもしろい、ということです。

2012/01/22(日) 21:35:45 | URL | [ 編集]

山ぼうし

『ベーカー』

夜に咲き朝に落ちるってことは日の目を見ないのでしょうか。
儚いですね。ただ、落ち方は花びらがヒラヒラではなくて、
椿のように丸ごとなんですね。しっかりした感じの落花です。

壊れた骨の木(ってスゴイ名です)は、センダンやナナカマドのような
羽状複葉にみえます。
なので、葉柄の基部からポロっといくのでしょう。(たぶん。)
それに、幹の太さの割に羽状複葉がかなり大きくみえます。これなら
葉痕も大きくなるわけですね。南国だな~♪

2012/01/23(月) 12:52:00 | URL | [ 編集]

夏のそら

『ばんばさん』

ねー 葉のずっと上にのびているんだよ。
よくある木の枝っていうのと違うんだよね。
葉をつけた葉の取りまとめ役?それがスパッと落ちるんだねー。
いろんなのがあるもんだねー。

2012/01/23(月) 14:06:51 | URL | [ 編集]

夏のそら

『ディックさん』

葉痕(ようこん …というんですね。

葉痕撮影ですか。秋冬に枝を落とすからですね。なるほどー!
私はこの木で初めて痕というものに目がいきました。

2012/01/23(月) 14:09:14 | URL | [ 編集]

夏のそら

『山ぼうしさん』

ごとんと花ごと落ちるんですよね。

あー こういう葉を羽状複葉っていうんですね。
で、葉柄っていっていいわけなんですね。
そう、この部分太くなっているんです、だから痕が大きい。
葉より落葉した痕が目立つ木ということなんですね…。

2012/01/23(月) 14:14:01 | URL | [ 編集]

山猫

『』

蝙蝠が受粉・・・。
驚きです!

夜は蛾だけだと思ってました^^;

2012/01/26(木) 16:37:53 | URL | [ 編集]

夏のそら

『山猫さん』

私もね、最初猿受粉を教えてもらった時驚いたの。
そしてコウモリもだもんね。
夜の超ならぬ蛾(!)ですね。

2012/01/26(木) 16:57:08 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://dokmaithai.blog59.fc2.com/tb.php/97-8f232e1f
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。