スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ニッパヤシでしたー! 食べられる実


『実がまるで肉たたき棒みたい』 と先日書いたヤシですが

その後

TOMさんや、TOMさんブログを通じSandoさんからも

「あれはニッパヤシですよー」 と教えてもらいました!

ありがとうございます♪ 

ニッパヤシ



さらに、

あの黄色いのは 雌花 であり

実の中身は、若いときはやはりゼリー状で食べられるのだそうです。



そういえば

そこにいた作業員さんのうちひとりが、

「バンコクにはこのヤシはないよ。南部の海岸ばたにあるんだ。

中身は若いうちは食べられるんだよ」と言ってましたっけ。

(※このクイーンシリキット公園は、タイ全土の植物が集められているので

通常バンコクに自生していない植物もあったりします)




また見てきましたよ。

ニッパヤシ 花




幸いなことに、また新たな花が出ていた♪

雄花の出始めと雌花 でありませうか。

雄花雌花



路上のアイス屋さんのトッピングにあるゼリー状のもの

あれがこの実なのかな…。

アイス屋さんに会ったら聞いてみよう。





食べられるヤシの実でゼリー状と言えば、あれもそうだった…。

昔の写真を探しました、これこれ。

アイス屋さんで食べた『ルークラーン』…ラーンの実。

氷と、ミルクと、キョロっとしたラーンの実。 

ルークラーン

お店の人の言うことには

「めずらしいんだよ。ラーンは50年に一度しか実をつけない。

そして実をつけたらそれで一生を終えるんだ」

そう言っていた気がする。


このアイス屋さんはその後引っ越して行ってしまった。

もう一度味わってみたいもの。


今度はこのヤシを公園で探してみよう。

たとえ50年に一度の時期に出会えなくてもね♪



スポンサーサイト

2011/07/26(火) | タイのヤシ | トラックバック(0) | コメント(12)

«  |  HOME  |  »

ディック

『ラーン』

50年に一度しか実をつけない…、その実を食べられたのですか。
貴重な体験ですね。

2011/07/26(火) 22:48:09 | URL | [ 編集]

山猫

『』

50年に一回ですか。
凄いな~。


世の中人間の尺度で測れないものが
いっぱいありますね!

2011/07/26(火) 23:53:33 | URL | [ 編集]

夏のそら

『ディックさん』

そのアイス屋さんは、確か実を保存しておくと言ってたと思うのですが
今となっては記憶があいまいです。
採りたてホヤホヤではなかったかもしれません。
50年に一度って、どんな人生か…ですね。

2011/07/27(水) 11:03:45 | URL | [ 編集]

夏のそら

『山猫さん』

そうだねー! 不思議な仕組みにびっくり。

自然の営みって人智をこえたとこにあるんだろうなーと
思わされるなり。

2011/07/27(水) 11:07:25 | URL | [ 編集]

ころん

『ヤシの実』

雄花雌花と同時ね~
いいもの見せていただきました。
ゼリー状のデザートあ~あ~
ドイツでフルーツゼリーがなんとも言えない味がして食せなかった。
なんだか似てる・・
ドイツはフルーツ王国?かな・・独り言ごめんなさいね。

2011/07/27(水) 15:12:50 | URL | [ 編集]

yamaoji

『』

キョロっとこの表現、絶対に食べたことのある方は、そう!そう!そう!、っ言いますよ、まさにその感じです。
もしかしたそのアイス屋さん、ラーンの実の精、50年待ってそらさんに実を食べていただいたから、スーッと往生しのかも???
なんてね!

2011/07/27(水) 16:09:41 | URL | [ 編集]

みっちゃん

『』

こんばんは!
 50年に一度しか実を付けないのですね。
 実を付けて、子孫を残してその一生を、終えるのですね。
 素晴らしい事ですね。
 

2011/07/27(水) 21:38:36 | URL | [ 編集]

夏のそら

『ころんさん』

ドイツのフルーツゼリーと聞けばおいしそうなのに…食せなかったのですか(!) 
おお、どのような味だったのかしらん。似てます?
ちょいとドイツ・フルーツ・ゼリーで検索してみました。
フルーツを砂糖+水で煮、さましたら片栗粉をいれ、
混ぜ合わせ、また火を通すというのがありました。
寒天じゃなくて片栗粉使うのね。

2011/07/27(水) 22:07:22 | URL | [ 編集]

夏のそら

『yamaojiさん』

精霊? 
うんうん、そういう言葉が自然に浮かぶね、植物を見ると。
不思議だわ。
どういう風にこのヤシはその時を知るのかしら。

2011/07/27(水) 22:10:44 | URL | [ 編集]

夏のそら

『みっちゃん』

なんかキッパリした一生というか、不思議ですねー。
どうやってその時がわかるんでしょう。
もう人間の頭を超えた感じ! 偉大なる自然の力 かしら。

2011/07/27(水) 22:13:55 | URL | [ 編集]

サライ

『ニッパヤシ』

「南方」という言葉が思い浮かぶわ。戦後生まれだけど。
若い人には、オシャレなビーチリゾートの屋根が思い浮かぶかも。

その時が来ても自分の思い通りには事が進まない、というか、進めてもらえない。
現代に生きる人間の不幸・・ と思う今日この頃。
50年に一度のラーンの実に人生指南してもらおうかな。
時すでに遅し・・ ですかしら?(笑

2011/07/28(木) 08:02:44 | URL | [ 編集]

夏のそら

『サライさん』

うんうん。私もこの木は知らなかったはずだけどニッパヤシの名は
聞いたことあったのよね。

植物ってすごいね。
人智など及ばないというか。
物いうこともなく、昔からその営みが続いていること…。

カテゴリ、いろいろやってみました。
私ってそもそもカテゴリ分けしにくい日記多しというのもわかった。
それにしても
カテゴリ分けを頁にあげる方法がどうしても見つけられないの。
すみません。

2011/07/28(木) 16:09:33 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://dokmaithai.blog59.fc2.com/tb.php/49-20ad7bf9
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。