スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クレット島を歩いてみた 1/2

バンコクに隣接するノンタブリの クレット島 (タイ語で コクレット)は

『素焼きの焼き物』『卵黄を使った甘いお菓子』などで有名な所。

島と呼ぶものの、アイランドではなく中州なので

南国のビーチを思い浮かべるサムイ島などとは違うのです。

モン族の人が住むといいます。





実はまだ行ったことがなく、気にはなっていたのでタイ人と話してみた。

「行くなら土日がいいよ。店がいっぱい出る。平日はただ家があるだけ」

そうかぁ。でも、普段の島の暮らしを見るのも良いよね♪

思った時が吉日とばかり平日でしたが、バスで行ってきました。








バスでパーククレット(終点)まで行き

2分ほど歩いた所の寺わきから渡し船で渡ります。

船の中

渡し船で



到着。料金2バーツはここで払います。

着いた



ここから散策の始まりです。

ここから

まず寺があり

右手に行くと土産物店などが連なる通りがあるそうなので

右に行くことにしました。




お寺の風景。

寺の風景1

寺の風景2



その寺の木の根元に鶏たちが。

とり




しばらく歩いて行くと、細くて、両側に土産物屋さんの連なる通りになりました。

言われていたように、平日なのでほとんど閉店。

とはいえ、ポツリポツリと開いていたり

ごはんを食べる所はあるのでその点は安心。タイ人観光客も少しいました。




中には古い家も残っていて…しっとりした感じ。今は空き家のようです。

古い家1

古い家2




おや これは!  生姜の甘酢漬けではない?

しょうが

買うことにしました、30バーツ。80円くらい。

計りながら味見させてくれました。あの味です!




渡し船乗り場があちこちにあります。見ていても涼しい、風が通ってく。

ツルっとしたトカゲ。

花のてんぷら(日本風に言うと、固めのから揚げ?)。

サーラー 2匹

にょろ

花のてんぷら

花のてんぷら、買って食べてみました。

甘いタレで食べるの。パリパリ、バリバリ。ひとりでは多すぎる量なり。


写真が多くなったので、次の日記に続けます。


スポンサーサイト

2011/06/17(金) | タイの暮らし | トラックバック(0) | コメント(4)

«  |  HOME  |  »

ころん

『』

タイは観光国なので街角はどこもお土産売り場・・
花の天ぷら、珍しい甘い花の香り、う~ん癖になりそう。
2パーツのバス旅行いいな~~

2011/06/17(金) 18:21:02 | URL | [ 編集]

ディック

『行ってみたい』

通りで見かける建物の雰囲気とか、ちょっとしたものにアジア風の異国情緒を感じます。とてもいいです。行ってみたいなあ、と思いますね。

2011/06/17(金) 20:54:46 | URL | [ 編集]

夏のそら

『ころんさん』

そうですね ましてここは観光客と共にあるような所で。
そうそう、渡し船は片道2バーツで
バスは冷房なしのバスだったけど片道8バーツで
合計往復20バーツなり、約50円の旅でした!

2011/06/17(金) 23:14:18 | URL | [ 編集]

夏のそら

『ディックさん』

そうなんですよ、どこかやはりバンコクと違った風が吹いていて…。
会う人みんな親切だったなぁ。
観光地ながら値段は観光地値段でなくて、良い感じ。

2011/06/17(金) 23:16:09 | URL | [ 編集]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
http://dokmaithai.blog59.fc2.com/tb.php/33-e514abfd
 |  HOME  | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。