スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

リュウゼツランとGacとネンガ プミラ パキスタキア


ネットをしていて、
クリックしたつもりはないのに
フッとしたはずみにクリックされてしまう事、ありませんか。
私はたまにありまして アレレ?困るなぁ と、いつもはすぐに画面を消すのですが
先日 Jiji.com の“珍しい花” が立ちあがったんです♪
これはおもしろそうとそのまま見ていたところ

中に“青のリュウゼツラン”があり、
ずっと前に見かけたものの名前がわからなかった植物とそっくり!
青の~ かはわかりませんが、リュウゼツランの仲間と思われました。
1月の初めに撮ったものです。

りゅう2

りゅう3

りゅう1

りゅう4

ね、どうでしょうか。

誤クリックも、時に嬉しいサービスしてくれるというお話でした。




こちらの赤いトゲトゲウリ
前回見た時とは別の店もマーケットに出店。
すっと試飲ジュースが差し出されたので即飲んでみました。
ファク カーオ Gac Fruit というんですね。

Gac1.jpg

Gac2.jpg

この味! 覚えのある味 でも、何だったっけ。
パッションフルーツだったかなぁ…自信がありません。
果物にありがちな味というか、なじめるおいしい味です♪


Gac3.jpg

Gac Fruit を調べてみると
やはり最近になって効能というか、効果といったものが脚光をあびてきたみたい。
ジュースは栄養価が高く(ビタミンA)またダイエットにも。

店頭の写真を見ると、鈴なりになっているようですね。
その日は荷物で手が塞がっていたのでジュースは買えず。次に見たら買ってみる♪



この実の写真、覚えている方がおられるかしら。
今は実があるかな~?と行っていたら ありましたありました。

ネンガ3


これは若い実だと思うのだけれど(もし違うヤシだったらごめんなさい)

年が

ネンガ2

あたりには数本、このヤシがあって
何度も名札を探したら、見えにくい所にやっと見つけました。
その名は ネンガ プミラ パキスタキア
タイからマレーシアにかけてある ということくらいしかわかりませんが
この実がとってもキュートです♪
スポンサーサイト

2012/07/18(水) | タイのフルーツや実 | トラックバック(0) | コメント(14)

パンノキとジャックフルーツ


大きいですよ~

サーケー1

この実はまだ成長しきっていませんが これで私の頭くらいあります。


葉も大きいこの木は

サーケー2

タイ語でサーケー、和名はパンノキです。
クワ科、パンノキ属。
一本の木から年に300個近い実がなり
蒸したり焼いたりして食べるそうです。


残念ながらこちらでは
自宅にこの木がある人とか、ご近所さん、知り合いなどが
家で食べられているくらいで市場に出回らない。
と言う訳で、私はまだ食べたことがない ぜひ味を見てみたいです。
焼くとパンのようで味はサツマイモみたいと聞きます…。



庭に植えられることも多く、背もとても高くなるんですよ。
この木は電線をはるかに超えてそびえています。

サーケー4


これが花かなあ…。

サーケー 花か

サーケー3

天狗の団扇…。




このパンノキととってもよく似ているのが、カヌンこと
ジャックフルーツ

かぬんの実

かぬんいっぱい

実はそっくり、でも葉が違うんですよね。
パンノキと同じ クワ科のパンノキ属。実の重さは7キロ近くにも。
これも庭に植えられることが多いです。
地面すれすれにも実がなるのが摩訶不思議。


かぬん中身

こちらの実は熟すと中に小さなこういう塊がいっぱい。
これはあちこちで売られます。今はほぼ時期が終わりましたが。
以前は20バーツ(約50円)で5個くらいでしたが
今は全て値上がりしてきているので、3個くらい。
甘いですがくせのある香り。
私は今でこそ大好きだけれど、最初はこの匂いがだめだったけど
初めてタイに来て初めて食べた息子たちは
「うまい! これはいける」でした。

このジャックフルーツの実は、“世界最大の果実”だそうです♪

2012/07/12(木) | タイのフルーツや実 | トラックバック(0) | コメント(18)

マラカスになる実? 他

不定期に立つ市場でこんな実を見ました。
前に一度見かけたことがある。何でしょう。
ちょっと毒々しい(?)

赤い実


表面にボチボチがあって触ると痛いです。
一杯25バーツでこのジュースも販売中。
隣で男性が飲んでいるも、私はためらいが…。

赤い実3 赤い実2

説明のわかる部分だけ書いてみると、
  昔はこれが有用なものだとわからず、捨てられていた。
  今はこうして食べられる(飲める)。
  でも種の部分は食べられない。  
こんな感じでした。
種の色が強烈でね、手が出なかった。

この不定期市
時々変わった物を見られるのでなかなか楽しいです。


この種のニュルニュル感で思い出したのがパッションフルーツ
出回ってきました♪ こちらは大好き。

パッションフルーツ パッションフルーツ2

種ごと食べます。
この種の扱いが難しいので、大々的なジュースの販売が困難なのだとか。
そういわれれば、
ペットボトル詰め風(市場限定?)や
瓶ジュースの販売も、扱い店舗が限られるようです。
ただ、ジャムやアイスクリームはもっと広範囲に出回ってます。




ここからは食べられない実です。




この木は公園でよく見かけていて、慣れ過ぎていて
実のことはブログであまり書かなかった気がします。

マラカス2

マラカス3

マラカス1

これ、フクベノキ(ひょうたんの木)というらしいです
(あるいはその仲間)。

マラカスという楽器がありますが
この実でマラカスを作ったみたいなんです♪
実際のところ、今では機械的に制作されていると思うけれどね。

ちょうど一つころがって落ちていたので、手に持ってみました。
それは程よい重みで、私の手にすっぽりおさまる大きさだった。
中はどんなになっているのかしらね。


このドコンとした実で思い出したのがキャノンボール(砲丸の木)。

キャノンボール キャノンボール花

ボールは人の頭ほどあります! ので頭上注意。
花は枯れかけてきていたので、以前撮ったものをアップしてみました。


この木、私の見た範囲では
花や実は割合目の届く高さに、まとまってグジャグジャっとつくんです。
その上にまだまだ木は伸びていて、枝葉も茂っているけど
花や実がつくのは、比較的下の、限られた場所だけ!
不思議。

2012/06/25(月) | タイのフルーツや実 | トラックバック(0) | コメント(10)

出会ったペーカ―&アサラトならずも巨大サヤを鳴らす

不定期に開かれる市場を覗いたら、こんな物が目に飛び込んできました。

市場で1

どうやらサムンプライ(広い意味でハーブ)の店のようです♪
ペーカ―(ソリザヤ)の実がもしかしたらあるかな。


籠の取っ手も味わいあるな~

カゴ盛り 


お店の人に一粒いただきました♪ ツルにいっぱいついてる。

ツルの実


そしてそして 探し物がありました! やっと見つけたペーカ―の実。

ぺーカー 市場で

「30バーツだよ、茹でたりあぶったりして食べるのよ」と店の人。
「うんうん、でも乾燥させて中の種を見たいの、探していたんだよ~」
「それはどうかな…食用に若い実を採ってくるからね。
 乾燥させてもこの実には種は育ってないよ」

軽くショック。言われればその通りのような。
でもせっかくなので一本買いました。

そして行こうと思っていたお店に向かったのです。
そのお店とは…。
実や種をディスプレイ用に売っている店なんです。

しばらく前のこと
reihanaさんのブログにてナニワイバラの花を拝見しまして
カイダーオ(目玉焼きの木)に似ているな~と思ったのです。
でも調べてみたところ、仲間の木ではありませんでした。
仲間でなくても雰囲気の似た物ってあるね。

で、カイダーオをまた調べていたら
この実を使ってアサラトという民族楽器が作られると出てきた。
私は知らなかったんですが、日本で数年前にはやったんですってね。

実の中に別の種を入れ、2個を紐で結び、ぶつけたり振ったりする楽器。
中に入れる種が、その店で売っていた物だったんです。
レッドサンダルウッドの赤い実にそっくりで、赤地に黒がはいってる


オーダーしてアサラトを作ってもらおう 
そう考えていたという訳です。


そのカイダーオ(目玉焼きの木)の花。 私は実を見たことがありません。

カイダーオ1



お店に着きました。

デコレーション

残念~ カイダーオの実はありませんでした。
どうもあまり売り物としては出回っていないようでした。
ということでオーダーは断念です。

ここでもそのペーカ―の実では種の期待はできないと言われる。

気を取り直し、いろんな実を見ながらお話していたところ
巨大なマメサヤが目にはいりました!
名前、聞いたのですが興奮していて覚えていない…。
採取が困難なんだそうで、もうタイじゃあまり採れないそうなんです
中には直径5センチほどのどっしりした種。

デコ

写真だとまるで碁石サイズに見えるけど、碁石6個分くらいあるの。
「これも振ると楽器になるわよ♪」と言われ振ってみると
低い太い音がカラカラ~。
アサラトは無理だったけど、この楽器もいいね~。
買ってきました。


ワクワク採寸。ペーカ―55センチ、巨大サヤ約80センチなり。

ぺーカーと


巨大

いったいどんな木にどんな様子でなっているんでしょうね。



そして、処遇を考えあぐねていたペーカ―ですが
先っぽはこんな感じ。枯れるともっと尖るのかな。
確かにナイフのようで上から落下されたら怖いだろう…。

ぺーカー先 


斜め横から見た所。中央部は1センチ超の厚み。
食べごろなんでしょうね。

ぺーカー横から


決めました。
ペーカ―料理に慣れたご近所タイ人の方にもらってもらいました。
切って中を見ようかなと思ったけれど、おそらく種は未熟であろう。
ロマンを残しておくのもよいワよね。

2012/06/19(火) | タイのフルーツや実 | トラックバック(0) | コメント(12)

ピンカドの固い実 他


この実がずっと気になっていたんです。

ものすごく固いですよ、厚みがあって

実でこれほどの固さがあるのが信じられないです。

しかし種(マメ)の落ちた痕の様子のかわいらしいこと。

このギャップが印象的。

デーン実いっぱい


実の厚みは5ミリ近くもあるんです。

それが割れるとチョウチョの形に。外側は鉄みたいな様子で

デーン実ひらく デーン実外側


内側には種が。

デーン種


この模様に惚れ惚れ~

デーン実内側


それがやっと名前がわかりました デーン の木。

デーンというのは red(赤い) という意味なんですが

樹皮の色が赤くて、森の中でもそれでわかるのだとか。

とはいえ、私が見たこの木はあまり赤くないですね…

花の姿も実をつけた姿も見たことがなかったので

この木の実だとはずっとわからないできました。

デーン幹

日本ではピンカドと呼ばれ、

フローリング材としてこの木が使われているみたい。

昔は枕木にも使われたそうです。実も固いけれど木材としても固いのね。





こちらはレインツリーの実。窓から種がのぞいています。

種はコーヒービーンズみたい。マラカスの中身になりそう?

レインツリー実 レインツリー種





そしてこれは ノンシー(コウエンボク)の種

粋なサングラス~♪

こちらはとても薄いけど、アーモンド状の物が中に。

鳥やリスにかじられた痕があります。

黄色 実

何の種

黄色い花がその花。

花と一緒に写っている2種類の実は何でしょう。

そこに落ちていたのですが、ノンシーの木以外ないような…。





最後に、山吹の花の色によくにていた花 プラドゥー(インドシタン)の種

プラドゥー プラドゥーインド紫檀 実

若い実はやはり中におししい所があるんですね。

誰かがホジホジした痕。



実がいっぱい落ちてます♪


2012/06/16(土) | タイのフルーツや実 | トラックバック(0) | コメント(10)

 |  HOME  |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。